INTERVIEW

ワンストップビューティサロンを目指して。

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 経験年数よりも、進化し続けていく姿勢を忘れないこと。

スタイリスト
WATANABE
30代

経験年数よりも、進化し続けていく姿勢を忘れないこと。

シゴトは主に何をしていますか?
スタイリストです。
いまは、材料管理をして発注などを行っています。
アチーブを選んだ理由は?
社員採用の募集を見て応募しました。
家族もいるので、福利厚生や保険なども気になりましたけど、そういった待遇は美容業界はめずらしくありがたかったです。ちなみに、手荒れ保証もあります(笑)
やりがいを感じる時はどんな時ですか?
自分のやりたいことをやらせてくれる社長ですね。
自分のやりたいようにやらせていただけるので、独立しなくても自分のカラーが出せることで楽しくやりがいをもって取り組むことができます。
社長との距離が近いので、密にコミュニケーションを図れることがいいですね。
理想のスタイリスト像はありますか?
キャリアでいくと20年なので、駆け出しの頃におもっていた「お客様に近い存在」にはなれているかな・・・とは自負しています。
うれしかったエピソードは?
お客様のご家族を紹介してもらったことですね。やっぱりお墨付きをもらった感じなので、素直にまた頑張ろうと思えます。
大変だったことは?
年齢のせいもあるんでしょうけど、もともと腰痛持ちですので、立ち仕事が多いこの仕事は腰にどうしても負担がかかるので、毎日のケアが必要ですね。
接客で工夫していることは?
とにかくお客様の話をしっかりとじっくりと聴くことですね。
話しやすいような雰囲気づくりをして聞き出せるように工夫していますね。
美容業界を目指す方へのメッセージ
美容を目指す方に入ってくる方の情報は、東京の流行最先端のごく一部の情報がピックアップされているので、より一層美容業界は華やかなイメージが定着しています。
美容業界も地域差が多く、その地域性を理解した中で都会で経験を積むのもよいですね。
地方の良さとして、お客様との距離がより親密になるのでその体験をすることで、華やかさ以外の魅力もあります。偏った情報やイメージでのギャップに悩みすぎないで美容の仕事をめざしてください。